難波の美容室【ALPHA.(アルファドット)】

COLUMN

ヘアジェルとワックスを混ぜる時の注意点

ヘアジェルとワックスを混ぜる時の注意点

2022.11.24

ヘアスタイリングの際、ヘアジェルとワックスを混ぜて使うとそれぞれの特徴をうまく利用して、より上手にスタイリングすることができるのです!

しかし、ヘアジェルとワックスは混ぜて使用して良いのでしょうか。今回はヘアジェルとワックスを混ぜる時の注意点をご紹介します。

 

ヘアジェルとワックスは混ぜても大丈夫?

そもそも、ヘアスタイリング剤のジェルとワックスには違いがあります。
一般的な製品の特徴は以下のようなものです。

ジェル

髪に濡れたようなツヤ感を与え、強力にキープしてくれます。

濡れた髪にも使える手軽さが魅力です。その分、時間がたってから再セットし直すことはできません。

髪のボリュームが抑えられるので、地肌が目立ちやすく薄毛が気になる方には不向きです。

ワックス

マットな質感で、髪にボリュームを出して、ふんわりとスタイリングすることができます。

キープ力は種類によってさまざまですが、カチカチに固まらないので、再セット可能です。

これらの2種類を混ぜる時の注意点に気を付ければ、それぞれの特徴をうまく利用して、より上手にスタイリングすることができます。

ヘアジェルとワックスを混ぜる時の注意点

ヘアジェルとワックスを混ぜる際は、下記のようなことに注意して行いましょう。

・どちらかというとジェルのウェットな質感が強く出やすいので、2つを混ぜる割合はワックスが多めのほうが良いでしょう。

・固いタイプのワックスだと、水っぽいジェルとのテクスチャ―に差がありすぎて、うまく混ざりません。できるだけ柔らかめのワックスを選びましょう。

・別々に使うと互いのキープ力が落ちてしまします。手のひらでよく混ぜ合わしてから、少しずつ様子を見ながら髪につけてください。

 

 

 

ヘアジェルとワックスを混ぜてできるスタイリング

ジェルの持つツヤ感とワックスのマット感を、自分好みの仕上がりに合わせて調整できます。

流行のさりげないツヤ感、タバ感を出した髪型でも、地肌を見せないように仕上げることができれば、薄毛が気になる方でもいろいろなヘアスタイルを楽しめます。

ヘアジェルとワックスの合わせ技をマスターして、より自分に合ったヘアスタイリングを試してみてください。